スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

F650GS ETC(二輪用)

最近の投稿

GS召還

GS召還しました。朝イチで千葉まで入れ替えに。

RSキツい。フィーリングは大好きなのだけれど身体がついて行かない。
GSトロいけれど、スタコラ一生懸命走ってる感が良い。年貢の納め時ってやつなのかなぁ。

峰岡林道
GSで最近気づいたこと。 ギア入れてエンジンかけてはいけない。 始動はニュートラルで。
ギア入れて始動すると燃調が変になるみたい。 何か学習しているのかな。本当かどうか分かりません。 ですが、ニュートラルで始動してから走り出すとフィーリングが何故か違います。 ギア入れて始動する癖がついたのはクラッチの切れが悪いから。 ニュートラルからギアを入れるとガッツンといいます。 そのうちギア割れるんじゃないかと思うほどの音がします。 しかし そんなやわなエンジンでは無いようです。
暑い…
しかし今日は暑い。 あまりやらないのだが、今日はTシャツ一枚で走った。 お陰で腕が真っ黒に焼けた。 明日から会社…バレるだろうなバイク焼け。 腕は真っ黒なんだけど手は真っ白なんですよね(グローブしてるから)
で、あまりに暑いので午後トットと帰宅。 やはり夏は朝しか走れない。 金沢に居た時は夏場は朝練と称して日の出から走り始め、昼には帰宅してた。それでも6−7時間は走れましたので楽勝で300キロは走ってました。首都圏じゃムリだなぁ。やっぱ田舎は良いよ。高速使わなくてもアベレージで時間60キロは走れましたから。 首都圏はと言うと、せいぜい時間35キロですね。郊外行けば40〜45キロが限界。なんてったって田舎は信号無いですから。

時の立つは早い
下のちびも来年には社会人…




RS召還

最近GSばかり乗っていたのでRSのバッテリー上がりが心配、召喚します。

しなっとGSで散歩をしに
山など走りに行き
基地へ向かう
RS召還
よかった、エンジンかかった。
海ほたる
偶には高速を走ってみます。バビューン…やっぱ速えわRS。ひとには言えない速度域へアッという間に達します。最高速じゃ4発に負けますが、あっという間の非常識速度。誰がどう乗っても中速が速い水平対向、ピストン一個550CCのパンチは伊達ではありません。因みにこのエンジンの中速域は80〜160の間です。それ以下は回転数から言って低速域、だって2000回転台ですので。
同調
狂っていませんでした。 狂って居ませんでしたがチト弄りました。 結果…いい感じ。 何を弄ったかって、バタフライストッパーです。
最近チョット弄り方が判ってきました。TPSはスロットル全閉時に370mVから変えてはいけない(というか、必ずソコに合わせておく)。なぜなら燃料マップが変化スタートするのはソコが基点だからです。ソコが起点だということはモトロニックをDIAGモードに入れて、スロットルONの検知信号をモニターしていればわかります。必ず起点(スロットル開き初めの検知)は360mV 〜370mVあたりになっています(DIAGコネクターから信号が出ますのですぐ分かります)。やり方はここ
スロットルOFF
スロットルから完全に手を話した状態です。 左がTPSの1番ピン電圧、右がDIAGコネクタ1番ピン電圧。
スロットルに手を添える
スロットルを握って、スロットルワイヤーのたるみを取ったくらいの感じのところ。これ以上力入れるとバタフライが開くかなーという感じの握り具合(実際はアイドルが上がらない程度に微かに開いていると思います。TPS電圧が変化しているので…)
スロットル開いた
スロットル握るとグッと重たくなります。 と同時に、DIAG端子に電圧が出ます。

バタフライ手順は至ってシンプル。
弄る前に左右のバタフライの開き初め(左右のスロットルケーブルの同調のこと。ここらのワイヤリングは初期型と後期型で異なります。O2センサー付いてるやつが後期型。初期型はスロットルケーブルで左スロットルを開け、右スロットルは左スロットルと同調させるケーブルが別についています。後期型はバッテリー下に居るディストリビューターから右と左、それぞれにワイヤ…